舞鶴市 発掘現場現地説明会(2016.10.8)

2016年10月8日(土)

舞鶴市東光寺跡の埋蔵文化財発掘調査現場で現地説明会が開催されました

『東光寺跡は、舞鶴市教育委員会の遺跡分布調査で確認された中世の遺跡です。地元の伝承と小字名の東光寺から「東光寺跡」と名づけられました。また、今回の調査で新たに発見された古墳は、東光寺古墳と命名されました』※1

%e2%91%a0

仮設通路を通って行きます

入口

%e2%91%a1

一方通行 人数制限あり

%e2%91%a2 %e2%91%a3 %e2%91%a4

足場の上から説明を聞きます

%e2%91%a5

石室

『横穴式石室で、長さ4.85m、埋葬空間である玄室は長さ2.4m、幅1.35mで、東側が広く造られています』※2

%e2%91%a6

出土品

%e2%91%a7 %e2%91%a8

『今回の調査では(中略)墓石などの遺物はありますが、骨や遺体を納めた穴などがないことから、大規模な墓地ではなく、寺院跡本体である可能性が高いと考えています』※3

※1、※2、※3いずれも当日配布された公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター資料より

調査は10月末までの予定です

 

亀岡市 発掘現場現地説明会(2016.9.10)

2016年9月10日(土)亀岡市篠町の

埋蔵文化財発掘調査現場で

現地説明会が開催されました

当日配布された立派な資料

%e8%b3%87%e6%96%99-453x640

説明に聞き入る来場の皆様

%e2%91%a0 %e2%91%a1

掲示されていた京都新聞

%e2%91%a2

調査前全景

%e2%91%a3

作業中

%e2%91%a4

出土品

%e2%91%a5 %e2%91%a6

平安京左京九条二坊十六町跡・御土居跡発掘調査現地説明会(2014.8.16)

2014年8月16日(土)

平安京左京九条二坊十六町跡・御土居跡発掘調査現地説明会が開催されました。

① (640x480)

② (480x640)

現場は京都駅近くで、ビル新築に伴う調査です。

各新聞にも「平安時代末期~鎌倉時代に貴族が邸宅内に構えた『持仏堂』とみられる建物の跡が、見つかった。東寺と西寺以外の寺院建立が禁止された平安京では、貴族の持仏堂が文献で数十例確認されているが、発掘で裏付けられたのは2例目(読売新聞)」と、取り上げられていたので、たくさんの人がこられていました。

③ (640x480)④ (640x480)⑤ (640x480)

当日配られた公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所資料には、「今回の調査では、平安時代末期から鎌倉時代にかけての建物の地業や井戸、安土桃山時代から江戸時代の御土居の堀を検出しました。

平安時代の平安京左京九条二坊十六町には、その様子を記した文献史料はありませんでした。しかし、今回の調査で平安時代末期から鎌倉時代にかけて邸宅として利用されていたことがわかり、文献史料からは知ることの難しい本調査区周辺の状況を復元する上で新たな知見を得ることができました。

御土居跡は本調査区の西側に築かれており、従来想定されていた位置で実際に堀を検出することができました。」とありました。

 

⑦ (640x480)⑧ (640x480)⑨ (640x480)⑩ (640x480) ⑪ (640x480)⑫ (640x480)⑬ (640x480)⑭ (640x480)

出土品

⑮ (640x480)⑯ (640x480)⑰ (640x480)⑱ (640x480)

調査は9月末まで続く予定です。

 

勝龍寺城跡発掘調査現地説明会(2014.8.2)

2014年8月2日(土) 勝龍寺城跡の土塁・空堀の発掘調査現地説明会が開催されました。 「勝龍寺城跡は、平成4(1992)年に公園整備された本丸と沼田丸のほかに、神足神社西側に土塁と空堀が残されています。現存する遺構は、本丸の発掘調査や江戸時代の絵図、現地確認できる土塁や堀の有りようから、細川藤孝が元亀2(1571)年に城を大改修した際の姿を留めるもの考えられています。近年は、山崎合戦に関わる堀の発見などが注目されたり、NHK大河ドラマで勝龍寺跡が登場するなど話題となりました」※当日の資料より抜粋※

 

 

①  ②

③

 

④

 

 

⑤

長岡・平安二都の霊峰に登って学ぼう(2014.6.8)

平成26年度市民考古学講座

「王都に学ぶ」 第1回 6月8日(日)

「長岡・平安二都の霊峰に登って学ぼう~ワイドビュー比叡山~」

に参加してきました。

① (640x480)

「比叡山山頂から二都をながめ、王都の選地や霊峰との関わりを学びます」

健脚向」です

② (640x480)

 

③ (640x423)

 

④ (640x480)

 

⑤ (640x480)

 

⑥ (640x480)

頂上です

⑦ (640x611)

第2回は7月6日(日)

「平安宮ひとめぐり~王宮の四周と神泉苑~」

「王宮の政治空間、苑池、邸宅を通して平安京の特質を考えます」

です。健脚向から一般向になりますので、ご興味のある方は是非ご参加下さい。

 

 

 

下水主遺跡現地説明会(2014.5.11)

2014年5月11日(日)

下水主遺跡で現地説明会が開催されました

① ②③

資料によりますと、こちらの遺跡は「木津川右岸の低地に位置する南北約980m、東西約540mの範囲に広がる縄文時代から近世にかけての集落跡で、周辺には水主神社東遺跡や水主神社遺跡、水主遺跡などの遺跡とともに中世城館跡である水主城跡があります。平成24・25年度の発掘調査では、弥生時代後期の竪穴建物や古代の掘立柱建物、中世から近世の島畑などが見つかりました。今回の調査地は、下水主遺跡の南部に位置し、地形的には木津川沿いに形成された微高地上に立地します」

④ ⑤

出土品など・・・

⑥ ⑦ ⑧